PAGE TOP

MOIAUSSIBE モーアシビー(もーあしび) 沖縄在住の日本を代表する伝説のアートディレクター信藤三雄が主宰するクリエイティブ塾

モーアシビープロジェクト主宰 信藤三雄

1986年コンテムポラリー・プロダクション設立。 松任谷由実、
ピチカート・ファイヴ、Mr.Children、MISIA、宇多田ヒカルなど、
これまで手掛けたレコード&CDジャケット数は約1000枚。
その活躍はグラフィックデザインにとどまらず、
数多くのアーティストのプロモーションビデオも手掛け、
桑田佳祐「東京」では、2003年度のスペースシャワーMVA BEST OF THE YEARを受賞。
同年には松任谷由美トリビュートコンサート(武道館)の演出を務める。
98年「代官山物語」で初の映画監督に挑戦。その後も03年リリー・フランキー脚本による 
短編映画「男女7人蕎麦物語」 、06年、初の劇場長編映画「男はソレを我慢できない」を発表。
08年、自身の新境地である“書”を表現手法とし「信藤三雄の福は内展」を開催。
09年中国上海M50にて個展「LUCKY ART SHOW From TOKYO by CTPP」を開催。
また、SOCIAL WORKとして2005年に、
ほっとけない世界のまずしさ“ホワイトバンド“キャンペーン、 プロジェクト・レッド(モトローラ)で、
映像ディレクター、及びグラフィックデザイン等を務めたのを始め、
2008年には「Child AFRICA」の立ち上げに協力、
2010年に設立された「一般財団法人mudef」の理事を務めている。
2010年、2011年と国連・環境省の為の生物多様性キャンペーンのビジュアル全般を手がける。

信藤三雄事務所:www.snd320.net

沖縄の男女交流の慣習として知られてきた「毛遊び(もーあしびー)」は、民謡や舞踊、民話など沖縄文化の技を磨く場として
重要な機能を果たしてきました。文化の鍛錬と発信の場であった「もーあしびー」を
沖縄のクリエィティブ(アート、デザイン、音楽、食、伝統工芸、広告)のために、現代版にアップデートさせ発信します。

主宰は、アートディレクター信藤三雄。アートディレクター・映像監督・カメラマン・書道家など多才な顔を持ち、
日本の音楽業界、アート業界、広告業界に大きな影響を与えてきた日本を代表するクリエイター。
信藤のネットワークから、映画、アート、広告など各分野の第一線で活躍する多彩な講師たちを沖縄に招聘。
一流クリエイターたちとの密度の高い交流を通して、この塾から、沖縄から、クリエイティブの新しい流れを創っていきます。

アートの力がなぜいま必要なのか?

モーアシビー後期プログラムは、「奇数月」では沖縄と関係するアーティストを招いたトークショー、「偶数月」では信藤三雄氏とゲスト講師とのトークショー&ワークショップを交互に行います。

GUEST CREATOR ゲストクリエイター

  • 3/24[SUN]

    屋部龍馬の写真
    石井雄一郎の写真

    THE 13th

    屋部龍馬(カフェ・和菓子屋店主)

    1979年東京都出身。カフェカルチャーやリノベーションに強い興味を持ち、建築を専攻。
    その後、父親の故郷である沖縄に移住し、「PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY」をオープンし、今年で11年目。2018年には和菓子屋「羊羊 YOYO AN FACTORY」をオープン。

    石井雄一郎(カフェ・居酒屋店主)

    1978年京都府生まれ。好きだった沖縄に移住後、北谷に居酒屋「月と器」をオープン。
    また、食とモノの発信基地である「OKINAWA FOOD FLEA」を主宰し、今では2万人以上が集うイベントに成長。
    2018年宜野座道の駅にカフェ「Ginoza Farm Lab」をオープン。

  • 多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    2/23[SAT] workshop:2/23[SAT]

    湯山玲子の写真

    THE 12TH

    湯山玲子(著述家、プロデューサー)

    1960年生まれ。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。著述家、プロデューサー。(株)ぴあに勤務後、フリーの編集者、ライター、広告ディレクターとして独立。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、アート、演劇、音楽、食、ファッション、ジェンダー等、博覧強記にセンスが加わった独特の視点での著作、発言を続けている。インターネット時代のマルチワークスタイルのパイオニアでもある。著作に『女ひとり寿司』 (幻冬舍文庫) 、 『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、 『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫) 、上野千鶴子との対談『快楽上等!3.11以降の生き方』(幻冬舎)、『文化系女子という生き方』(大和書房)、『男をこじらせる前に』(角川文庫) 等。媒体連載は日経新聞『なやみのとびら』、朝日新聞デジタル&M『現代メンズ解析』、月刊誌グロー『女の事件簿』。NHK『ごごナマ』、MXテレビ『バラいろダンディー』、名古屋テレビ『ドデスカ!』レギュラー、TBS『新・情報7daysニュースキャスター』などにコメンテーターとしても出演。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する『爆クラ!』 を主宰。2016/2017年には、Bunkamuraオーチャードホールにて、世界的なテクノDJであるジェフ・ミルズのクラシック組曲を、アンドレア・バッティストーニ指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の布陣で行ったコンサートをプロデュース。2016年からは、ショップチャンネルにてファッションブランド<OJOU>をスタートさせている。辻静雄文化賞選考委員。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。(有)ホウ71取締役。父は作曲家の湯山昭。

  • 多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    1/27[SUN]

    川田広樹の写真
    ひーぷーの写真

    THE 11th

    川田広樹(ガレッジセール・お笑いタレント)

    1973年2月1日沖縄県沖縄市生まれ。1995年、渋谷・公園通り劇場出演時代に相方・ゴリと「ガレッジセール」結成。
    KTV「にじいろジーン」、YTV「秘密のケンミンSHOW」、FMいしがき「ガレッジセールのガレッジパーリー」等のレギュラー番組を持ち、美ら島沖縄大使(2009~)、那覇市観光大使(2013~)、八重山楽園アンバサダー(観光大使、2017~)を務めている。自然が大好きで、少しでも空いている時間があれば、釣りやツーリングに出かける。魚のさばきはプロ並みで、釣って食べるまでが「釣り」だと豪語している。巨人師匠をはじめ、よしもとのバイク仲間と定期的に集まり、ハーレーでツーリングをしている。2014年より沖縄花月にてガレッジセールのゴリが座長を務める「おきなわ新喜劇」に毎週日曜日に出演中。

    ひーぷー(お笑いタレント・演出家)

    1969年1月28日沖縄県うるま市生まれ。本名は真栄平仁(まえひらひとし)。1994年、お笑いコンビ「ダーティビューティ」を結成。
    O-1グランプリの前身にあたる「第1回素人お笑い選手権」でグランプリを獲得。1999年に解散後、劇団O.Z.Eを旗揚げし、脚本・演出・舞台美術など40作以上を手がける。その後マルチタレントとして、テレビ・ラジオ・映画やドラマなど幅広いステージで活躍。2018年サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」沖縄エリアのファン代表に選ばれ、全国12名のタレントと共演。
    主な出演は、ラジオ沖縄「ティーサージパラダイス」、RBC-iラジオ「夜はクモジでしゃべってます!」、沖縄テレビ「ひーぷー☆ホップ」など。趣味は「車いじり」。

  • 多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    12/08[SAT] workshop:12/9[SUN]

    元ちとせの写真

    THE 10TH

    元ちとせ(シンガー)

    鹿児島県奄美大島出身。2002年に「ワダツミの木」でデビュー。ボーカリストとしてさまざまなステージでその唯一無二の歌声と存在感を示している。2012年、2月6日にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバム「語り継ぐこと」 をリリース。戦後70年となる2015年7月、“忘れない、繰り返さない”というコンセプトのもと、「今こそもう1度、平和を真剣に考える年になって欲しい」、という平和への思いを込めたニューアルバム『平和元年』をリリース。同作にて第57回日本レコード大賞『企画賞』を受賞した。2018年、新曲「あなたの夢で目覚めた朝に」が、長府製作所のCMに起用され、注目を集める。同年11月14日に新録の奄美シマ唄アルバム「元唄(はじめうた)~元ちとせ 奄美シマ唄集~」をリリース。
    奄美大島に生活の拠点を置きながら、精力的な活動を行っている、日本を代表する女性シンガーの一人である。

    http://www.office-augusta.com/hajime/

  • 11/15[SAT]

    多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    仲程長治の写真
    鶴田真由の写真

    THE 9th

    仲程長治(写真家)

    1959年、石垣島生まれ。2008年、写真家としての活動を本格的にスタート。島生まれ、島育ちならではの視点と独特の美的感覚が高く評価され、国内外で写真展覧会を開催する。2009年に創刊した沖縄のカルチャーマガジン『モモト』では、ネーミング、ロゴデザインの他、2017年まで専属写真家とアートディレクターを兼務した。2017年、同年より沖縄本島北部で開催されている「やんばるアートフェスティバル」の総合ディレクターに就任。2018年4月に開催された「第10回沖縄国際映画祭」では、初監督作品となる島猫映画「Nyaha!Part#0」が上映された。多岐に渡る活動のテーマは、琉球・沖縄の陰翳美。島独特の色彩と身近な自然から得るインスピレーションを、グラフィックデザイン、カリグラフ、写真、映像等で表現し続けている。

    www.choji.net

    鶴田真由(女優)

    1988年女優デビュー。映画、テレビドラマ、舞台、CMと幅広く活動。1996年には「きけ、わだつみの声」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。また、旅番組、ドキュメンタリー番組への出演も多く、番組出演がきっかけとなり、2008年には第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)の親善大使の委任を受ける。近年はドラマ「マルモのおきて」「酔いどれ小籐次」「マザーズ」「株価暴落」「犯罪症候群」、映画「沈まぬ太陽」「さよなら渓谷」「64-ロクヨン」「DESTINY鎌倉ものがたり」「海を駆ける」など話題作に出演。著書に「ニッポン西遊記 古事記編」「神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた」(共に幻冬舎)、写真集「Silence of India」(赤々舎)などがある。

  • 10/20[SAT] workshop:10/21[SUN]

    多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    三上博史の写真

    THE 8TH

    三上博史(俳優)

    東京都生まれ。
    高校在学中、オーディションで寺山修司に見いだされ、寺山自身が監督・脚本を手がけ1979年に公開されたフランス映画『草迷宮』に主演し俳優としてデビュー。1987年公開映画「私をスキーに連れてって」(馬場康夫監督)で脚光を浴び、その後「君の瞳をタイホする!」(88)など数々のトレンディードラマに出演。一世を風靡する。映画では「スワロウテイル」(96、岩井俊二監督)「月の砂漠」(03、青山真治監督)などに主演。舞台では「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(04)、「あわれ彼女は娼婦」(06)に主演する。以降映画、ドラマ、舞台など多岐にわたって活躍している。

  • 3/9[FRI] workshop:9/15[SAT]

    多くのお客様のご来場
    誠にありがとうございました。

    大城清太の写真
    城間英樹の写真

    THE 7th

    大城清太(天描画家)

    1973年沖縄県糸満市に生まれる。高校卒業後ハワイに留学し、独学で「点描」をはじめる。1995年帰沖。1996年沖縄県立芸術大学デザイン工芸学科デザイン専攻入学。卒業後、デザイナー・ ブランドプロデューサーを経て2005年より天描画家として活動を行う。好きなことに命をかけて生きる人=HEARTISTたちとのトークイベント「HEARTIST TALK」主宰。また、沖縄北部に植林をして未来の子供達に自然を残すプロジェクト「アースツリープロジェクト」を立ち上げ、イベントやグッズの売上を苗木に当てている。作品はすべて「命と自然」という一貫したテーマを持ち、アートを通じて人と自然をつなぐ活動を続けている。

    城間英樹(キャラクターデザイナー)

    1976年沖縄県本部町に生まれる。九州の美術系大学を経て上京。大手ゲーム会社にてプレイステーションなどのゲーム開発に従事。その後拠点を沖縄へ移し2008年より独立。ゲーム開発の技術をベースに、キャラクターに関わる全てのコンテンツ制作に垣根を作らず活動中。特に自社オリジナルキャラクターコンテンツの開発に力を入れている。代表作である(BUDOG・REDBOOTS・bittermelon・banapara♪)は、それぞれアジアにて、アニメ・漫画・グッズ化など(開発・準備中含む)をスタート。琉球ゴールデンキングスのゴーディーや、FC琉球のジンベーニョ等も手掛けている。余談ですが、9歳の息子もイラストレーターデビューをしている☆

Next guest information coming soon

国内外の第一線で活躍する講師陣と沖縄クリエイターとの交流。沖縄から新しいクリエイティブを発信。ものづくりのプロフェッショナルたちが、いま考えていること

第13回 アーティスト・トーク

沖縄で活躍するクリエイターを招き、主宰・信藤三雄と沖縄のアートやクリエイティブについてトークショーを行います。
今回は「モーアシビーカフェ会議」と題して、食空間から沖縄の新たなカルチャーを生み出してきた屋部・石井両氏をお迎えし、新文化の発信源としての食空間とアート/クリエイティブの関係などについて熱くトークを繰り広げていきます。

【日程】

  1. ・第13回 2019年 3月 24日(日)

    14:00~16:00 [開場13:30 開演14:00]

    石井雄一郎(カフェ・居酒屋店主)石井雄一郎(カフェ・居酒屋店主)

    【料金】

    回 2,000円(税込)

【会場】

Okinawa Creative Space TERMINAL 〒900-0016 那覇市前島2-11-9 (美栄橋駅徒歩5分) ※近隣コインパーキングをご利用ください

トークイベント後には交流会も開催!
参加者募集中です!!

※別途1,000円の参加費が必要となります。
当日受付にて参加をお申し込みください。

【チケット予約・購入】

メール/Facebook/電話にて予約後、当日受付にて支払いとなります。

※先着順受付のため、定員に達し次第締め切りとなります。ご了承ください。

講座一覧

講座一覧

チケット購入はこちら

第13回トークショー チケット販売

下記メール/Facebook/電話にて予約後、当日受付にて支払いとなります。

● MAIL:freeschool@moiaussibe.info

● Facebook:https://ja-jp.facebook.com/moiaussibe/

● TEL:080-4931-6560(土・日・祝日を除く、9:00~18:00)

※先着順受付のため、定員に達し次第締め切りとなります。ご了承ください。

お問い合わせはこちら

モーアシビー実行委員会
電話:080-4931-6560(平日9:00~18:00)

主催/モーアシビー実行委員会  企画・運営/株式会社ホワイトブリーフ、株式会社ナノ・アソシエイツ、沖縄アスコン株式会社 協力/株式会社電通沖縄 他